PSSdev/SkinScript

Lua から PSS を操作する関数群

一般系

PSS.Alert

メッセージボックスの表示

パラメータ

  • 表示文字列

PSS.Alert( "メッセージです" )

PSS.DoFile?

Lua スクリプトファイルの実行

Lua 組み込み関数の dofile の代わりに用いること.

パラメータ

  • ファイル名

PSS.GetScriptFolderPath?

スクリプト格納フォルダの取得

パラメータ

  • なし

PSS.Alert( PSS.GetScriptFolderPath() )

PSS.GetTickCount?

プログラム開始時からの経過時間をミリ秒で返す.

パラメータ

  • なし

描画系

PSS.DrawLine? : 線

線を引く

パラメータ

  • x1, y1, x2, y2, 色

PSS.DrawLine( 0, 0, 40, 0, "000000" )

PSS.DrawBorder? : 枠

中を塗りつぶさない矩形

パラメータ

  • x1, y1, x2, y2, 色

PSS.DrawBorder( 0, 20, 30, 80, "ff0000" )

PSS.FillRect? : 矩形

中を塗りつぶす矩形

パラメータ

  • x1, y1, x2, y2, 色

PSS.FillRect( 0, 20, 30, 80, "ff0000" )

PSS.DrawString? : 文字列

書式定義可能な文字列の描画 (DrawText? 版)

パラメータ

  • left, top, right, bottom, 書式定義可能文字列, 配置("Left", "Center", "Right"), フォント番号, 文字色

PSS.DrawString( 100, 50, 150, 70, "ahi", 'Left', 0, "0000ff" )

PSS.DrawText? : 文字列

書式定義可能な文字列の描画(TextOut? 版).DrawString? と違い,配置を指定できない. Win9x/me でも UNICODE 表示が可能.

パラメータ

  • x, y, 書式定義可能文字列, フォント番号, 文字色

PSS.DrawText( 100, 50, "ahi", 0, "0000ff" )

PSS.DrawImage? : イメージ

指定された画像ファイルの矩形を表示する。

パラメータ

  • イメージファイル番号、画像内RECT、表示先RECT

PSS.DrawImage( 0, 0,0,50,50, 0,100,50,150 )

コントロール系

Windows のコントロールに関する関数

PSS.MoveButton? : ボタン

機能を呼び出せるボタンの配置.機能はプログラムで割り当てたもので,定義不可.

パラメータ

  • left, top, right, bottom, ボタンの種類(機能), 表示文字列, ボタン状態(Normal, Hide, Disable)

PSS.MoveButton( 20,20,70,40, 'ok', 'ahi', 'Normal' )

注意

現実装では、ボタン状態は機能しない。また、状態定義も無視される。

機能

id機能フォント番号
okOKボタン
cancelキャンセルボタン
EditPopup?編集ボタン
Hintヒントを表示するボタン
LastQuestionModify?前回の問題を…
Select4-14択の項目1
Select4-24択の項目2
Select4-34択の項目3
Select4-44択の項目4
Select4-GiveUp?4択の項目「GiveUp?
Func01〜Func12ファンクションキー01 〜 127
Q-CardQカードボタン
A-CardAカードボタン
Card-OKカードのOKボタン
Card-NGカードのNGボタン

PSS.MoveEdit? : エディット

アプリケーション定義のエディットコントロールの移動. 機能はプログラムで割り当てたもので,定義不可.

パラメータ

  • left, top, right, bottom, エディットの種類(機能)[, フォント番号, 文字色, 背景色]

PSS.MoveEdit( 20,20,70,40, "Reply" )
PSS.MoveEdit( 20,20,70,40, "Reply", 3, "ffffff", "000000" )

機能

id機能デフォルトのフォント番号デフォルトの文字色
AnswerIndicator?不正解後に表示される正解表示領域500ffff
MistakeIndicator?不正解後に表示される「間違った回答」の表示領域5ff5050
Question問題文の表示領域5000088
Reply回答領域(入力モード時)5000000
Hintヒント表示領域6(なければ 5 )Windowsデフォルト
Select4-14択の1問目の表示領域5Windowsデフォルト
Select4-24択の2問目の表示領域5Windowsデフォルト
Select4-34択の3問目の表示領域5Windowsデフォルト
Select4-44択の4問目の表示領域5Windowsデフォルト
Pronounce(問題に発音記号が設定されている場合の)発音記号の表示領域5Windowsデフォルト

PSS.MoveBar? : プログレスバー

変数の値に応じて伸張するプログレスバー

パラメータ

  • left, top, right, bottom, バータイプ

;TransNumber,		// 回答の進行状況
;ReplyLimit,		// カウントダウン
PSS.MoveBar( 10,100,110,120, 'TransNumber' )

フォントとイメージファイル

PSS.CreateFont? : フォントの作成

新しいフォントを作成し,指定されたフォント番号に割り当てる.

パラメータ

  • フォント番号, フォント定義文字列

フォント定義文字列のパラメータ

  • size, fBold, fItalic, fUnderline, fStrikeOut?, szFace

PSS.CreateFont( 0, "18, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック" );

PSS.LoadImageFile? : イメージファイルのロード

画像ファイルを読み込み,指定された画像番号に割り当てる.

パラメータ

  • 画像番号, 画像ファイル名

PSS.LoadImageFile( 0, "image1.bmp" )

ユーザ変数

PSS.LoadUserVar? : ユーザ変数読み込み関数

ユーザ変数の値を PSS から取得する. ユーザが変数を変更していない場合には,デフォルト値が返る.

パラメータ

  • 変数名, 変数タイプ("font", "color", "imagefile"), デフォルト値

PSS.CreateFont( 0, PSS.LoadUserVar( "問題文のフォント", "font", "18, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック") );

機能

PSS.Speak : 発音

PSS 標準の発音機能を実行する.

パラメータ なし

PSS.Speak();

対応 Ver.7.2 以降.

PSS.QVoiceSpeak? : 発音2

問題文に指定されている音声ファイルを再生する.

パラメータ なし

PSS.QVoiceSpeak();

対応 Ver.8.1 以降.

PSS.IsShiftKeyDown? : Shift キーが押されている?

Shift キーが押されているかどうかを調べます。

パラメータ なし

返り値 Shift キーが押されているとき 0.0 以外、押されていないとき 0.0 を返します。

if PSS.IsShiftKeyDown() then
  ...
end

対応 Ver.8.1 以降.

PSS.IsControlKeyDown? : Control キーが押されている?

Control(Ctrl) キーが押されているかどうかを調べます。

パラメータ なし

返り値 Control キーが押されているとき 0.0 以外、押されていないとき 0.0 を返します。

if PSS.IsControlKeyDown() then
  ...
end

対応 Ver.8.1 以降.

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-21 (金) 22:43:27 (4983d)