PSSdev/FreeDesign

item 文によって描画されるアイテム

RECT

RECT とは

表示位置などを示す矩形領域を定義するために、各描画アイテムに指定する。

RECT は次のように () と , で組み合わされた形式である。

RECT : ( left, top, right, bottom )

四則演算

RECT の left, top, right, bottom は、それぞれ式を用いて指定することができる。

式には次の演算子等を使用できる。

+ - * / % ( )

実装には HCalcString? ライブラリを用いている。

描画アイテム

() 内はアイテム名(アイテム定義の1項)

線 (line)

解説

状態に応じて線を引く。

パラメータ

  • RECT、色

item00 = "line, (0,0,40,0), 000000"

枠 (border)

解説

中を塗りつぶさない矩形

パラメータ

  • RECT、色

item01 = "border, (0,20,30,80), ff0000"

矩形 (fillrect)

解説

中を塗りつぶす矩形

パラメータ

  • RECT、色

item01 = "fillrect, (0,20,30,80), ff0000"

文字列 (str)

解説

書式定義可能な文字列。FreeDesign?の核となる。

DrawText?

パラメータ

  • RECT、書式定義可能文字列、配置(Left, Center, Right)、フォント番号、文字色

item04 = "str, (100,50,200,70), 'ahi', Left, 0, 0000ff"

文字列 (text)

解説

書式定義可能な文字列。str と違い、配置を指定できない。Win9x/me でも UNICODE 表示が可能。

TextOut? 版 (2002-11-11)

パラメータ

  • RECT、書式定義可能文字列、フォント番号、文字色

item04 = "text, (100,50,200,70), 'ahi', 0, 0000ff"

イメージ (image)

解説

指定された画像ファイルの矩形を表示する。

パラメータ

  • イメージファイル番号、画像内RECT、表示先RECT

item05 = "image, 0, (0,0,50,50), (0,100,50,150)"

アニメーション (anim)

解説

画像を指定した間隔で順に表示する。

パラメータ

  • イメージファイル番号、画像の数、表示間隔(msec)、ループするかしないかの指定(0,1)、最初の画像のRECT、表示先RECT

(2番目以降の画像は、最初の画像のRECTで指定した範囲から、同じ幅で右側に読みとる)

item06 = "anim, 0, 3, 100, 0, (10,0,60,50), (0,100,50,150)"

この場合、イメージファイル 0 の (10,0,60,50), (10+50,0,60+50,50), (10+100,0,60+100,50) の 3 枚の

画像を、100 ミリ秒(0.1秒)間隔で順に表示し、(10+100,0,60+100,50) を表示し続ける(ループしない)。

制限

表示間隔は、50msec21億msecくらいまで指定できます。

ただし、表示できる間隔は PC の処理性能に依存します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-06 (水) 01:38:29 (5367d)