PSS/問題集作成プロジェクト/大学受験問題集

単語のレベル分け作業についてのページです。

未分類単語の分類作業

現在までのレベル分けの作業手順

1日目 (2003.05.11)

  • sara さんの編集成果を大学受験 by kyoun のレベル分けに沿って、3レベル LEVEL2,3,4 に分割。
  • 残った問題のうち、大学受験 by Halts の基本編に含まれる問題を LEVEL2 に追加。
  • 残った問題のうち、大学受験 by Halts の応用編に含まれる問題を LEVEL3 に追加。
  • LEVEL2 のうち、svl1-2 に含まれる問題を LEVEL1 へ分割。
  • LEVEL3 のうち、svl11-12 に含まれる問題を LEVEL4 に追加。

2日目 (2003.05.12)

  • 残りのうち、svl11-12 を L4、svl06-10 を L3 にした。
  • 残りのうち、ゆち PART1、PART2 に含まれるものを 「残り on PART1」、「残り on PART2」に分割。

<date>

意味づけ作業でのミスとそれによる問題点

sara さんの編集で生じたミス

  • 「元々の問題集の意味」を無視して、辞書から意味を拾ってしまった。

(元々の問題集の意味を1行目に書いてあるなら問題なかった?)

これにより、2つの問題が生じた。

  • 学習するときに「1行目に書いてある一般的な意味」から英単語を答えてしまう。(英和入力を想定)
  • SVL12000 による半自動のレベル分けができない。
    • 但し、svlの高レベル(6-12くらい)に含まれる問題は「レベルが高い」と判定しても良いだろう

現在までのレベル分けについてはおおむね問題ない

なぜならば、v5.2 付属の大学受験問題集を使って L1+L2, L3, L4 を作り、 L1 と L2 の分離は svl1&2 に含まれるかどうかで判定し、L3 -> L4 は svl9-12 を使ったため。

L1 と L2 の分離で多少問題が起きているかもしれないが、L1 と L2 のレベル上の違いは小さく、 大学受験を目指す人は必ず L1 と L2 を覚えるべきであると思うので当面はこれでよしとする。

というわけで、現在のレベル分けを使いながら、意味をもう一度見直すことにしよう。

今後の行動方針

1日目 (2003.05.11) 終了時点

  • まずは、「残り」のうち「by ゆちきゃん」に含まれる問題のレベル分けを行う。
  • その「残り」を各レベルに振り分ける。
  • これでおそらく L1〜L4 がとりあえず完成する。その後は validation 作業をやりましょう。

2日目 (2003.05.12) 終了時点

  • svl の高レベルな部分は、L3 と L4 に分けた。
  • 残りは PART1 や PART2 にのみ含まれる問題がほとんどで、これらはそれぞれ L2, L3 あたりに

該当すると思われる。

  • そこで、残りの 26+47+84 問のレベル分けを手作業で行いたい。
  • だいぶ問題数が少なくなったとはいえ、私と sara さんだけで行うと非常に時間がかかってしまう。

また、独断と偏見すぎるような気もする。

  • そこで、ML でこれまでの成果を公開し、多くの方の協力の元で、レベル分け作業をしたい。

Halts

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-06 (水) 01:38:00 (5358d)