[[PSSdev/FreeDesign]]

#contents

* 順序番号なしのアイテム定義
* 順序番号なしのアイテム定義 [#h619cba7]

itemXX 形式で定義されるアイテム要素から、順序番号 XX を削除する。

これを実現することで、変数名を多重に定義できる。
つまり、出てくる順番で(リテラルに)変数値を変更しながらitemを指定できるため、
同じ変数名(例えば x, y など)を複数の意味で使用することができる。

その際に定義すべき仕様を考える。

** 進行状況
** 進行状況 [#tfe87d9a]

:Draft1 (2003-03-23):item,stat,stat_and の仕様を考えた。
:Draft2 (2003-03-23):stat_and を stat2 に変更。
:Alpha12 (2003-03-25):Draft2 を実装
:Draft1 (2003-03-23)|item,stat,stat_and の仕様を考えた。
:Draft2 (2003-03-23)|stat_and を stat2 に変更。
:Alpha12 (2003-03-25)|Draft2 を実装

** item の仕様
** item の仕様 [#yf701e13]

item = "hoge" という形式とする。

右辺値に対する仕様変更は行わない。

** stat/stat2 の仕様
** stat/stat2 の仕様 [#m255ead9]

現状の statXX, statXXand をそれぞれ stat, stat2 に変更する。

stat 項目は直前にある item に対する状態定義とする。

stat は item の次の行、stat2 は stat の次の行に存在しなければならない。

** まとめ
** まとめ [#df528526]

| 旧定義 | 新定義 | 制限 | 備考 |
|itemXX|item|||
|statXX|stat|itemの次の行になければならない||
|statXXand|stat2|statの次の行になければならない||


* ローカル変数
* ローカル変数 [#aeb8fe5e]

スキン定義の便宜のために設ける(いわゆる)変数

個数制限はない

** 進行状況
** 進行状況 [#mbe6e1c5]

:Draft1 (2003-03-23):varXXkey/varXXval 形式で定義
:Draft2 (2003-03-23):Draft1 ではスキンが書きにくかったので、$key=val 形式で再定義
:v6.0 Alpha11 (2003-03-23): Draft2 を実装
:Draft1 (2003-03-23)|varXXkey/varXXval 形式で定義
:Draft2 (2003-03-23)|Draft1 ではスキンが書きにくかったので、$key=val 形式で再定義
:v6.0 Alpha11 (2003-03-23)| Draft2 を実装

** Notation
** Notation [#a1b35375]

$key = val で定義される。

key で指定された名前を変数名と呼ぶ。変数名にはalphabet,number,_が使用できる。

item 項目に $key を指定することで変数として扱うことが出来る。

変数は 右辺値 で指定された値が展開される。

'''実際には C 言語の #define のようなプリプロセッサ型展開が行われる'''

 $edit_x      = 170
 $replyedit_y = 257
 item26	= "str,  ($edit_x, $replyedit_y-17, $edit_x+80 , $replyedit_y   ), '回答',  Left, 0, 000000"
 item27	= "edit, ($edit_x, $replyedit_y   , $edit_x+600, $replyedit_y+32), Reply"




* ユーザ変数
* ユーザ変数 [#y46b0f77]

オプション画面でユーザが変更できる変数

定義できるのは 20 個まで。

** 進行状況
** 進行状況 [#c0d30076]

:Draft1 (2003-03-23):userXXzz形式で定義
:Draft2 (2003-03-23):ローカル変数と組み合わせることにした。
:Draft3 (2003-03-23):背景イメージ BackgroundImageFile に対応
:Draft4 (2003-03-25):user〜desc、user〜type、user〜key の組ではなく
:Draft1 (2003-03-23)|userXXzz形式で定義
:Draft2 (2003-03-23)|ローカル変数と組み合わせることにした。
:Draft3 (2003-03-23)|背景イメージ BackgroundImageFile に対応
:Draft4 (2003-03-25)|user〜desc、user〜type、user〜key の組ではなく

userXX 一文で定義するように変更。
実装についての覚え書きを追加。
:Draft5 (2003-03-25):変数の個数を 20 個に変更。
:v6.0 Alpha13 (2003-03-25):Draft5 を実装。
:Draft5 (2003-03-25)|変数の個数を 20 個に変更。
:v6.0 Alpha13 (2003-03-25)|Draft5 を実装。

** 設定可能な項目
** 設定可能な項目 [#kd9074e1]

ユーザ側の利便性とスキン作者によるデザインを考慮して、以下の項目を変更可能とする。

また、オプション画面では、デフォルト値を使うかどうかを指定できる

| '''項目名''' | '''変数のタイプ''' | '''オプション画面での設定項目''' | '''備考''' |
|フォント関連項目|font|フォント選択ダイアログ||
|フォント名|fontname|フォント名選択コンボボックス|実装は未定|
|フォントサイズ|fontsize|スピンコントロール|実装は未定|
|カラー|color|カラーピッカー||
|背景色|-|カラーピッカー|スキンでは定義しなくてよい(デフォルト値の指定にはBackgroundColorを用いる)|
|背景イメージ|-|参照ボタン|スキンでは定義しなくてよい(デフォルト値の指定にはBackgroundImageFileを用いる)|

** Notation
** Notation [#a0f76a98]

userXX によって定義される。(XXは二桁の数値)

item 系や font 項目と同様に、複数の項目を , で区切った形で記述する。

:第1項:変数の解説文(オプション画面で変更する際に利用者に提示される情報)
:第2項:変数のタイプ
:第3項:変数名($hogeの形で記述する)
:第1項|変数の解説文(オプション画面で変更する際に利用者に提示される情報)
:第2項|変数のタイプ
:第3項|変数名($hogeの形で記述する)

 user00        = "'区切りの色', color, $bordercolor"

 $bordercolor  = "7070ff"
 item40	      = "border, (85, 20+20*0, 85+67, 20+20*0+20), $bordercolor"

** 注意事項
** 注意事項 [#yf00adb7]

user〜 で指定された変数が上書きされる。

言い換えれば「この変数はユーザで変更してもいいですよ」という指定をすることになる。

ユーザが(オプション画面で)その変数を変更した場合は、スキンファイルで指定した値は無視され、
その変数値は全てユーザが変更した値で置き換えられる。

逆に言えば、ユーザがその変数を変更していない場合は、スキンファイルで指定した値が利用される。
(user〜で何が書いてあっても全く関係ない。「変数のタイプ」すら関係ない)

** font の例
** font の例 [#f51af101]

 user00        = "'数値のフォント', font, $font_num"
 $font_num     = "16, 1, 0, 0, 0, MS Pゴシック"
 font09	      = "$font_num"

** 実装(ユーザ設定の保存)
** 実装(ユーザ設定の保存) [#qae3ef34]

ユーザがオプションで設定すると、skin/user.ini の [hoge] セクション(hoge はユーザ名)に

''ahi''00=30

のような記法で記述される。''ahi'' はスキンの名称(DesignName)、右辺はユーザが設定した変数値。

** 実装(覚え書き)
** 実装(覚え書き) [#n2c296f5]

- CFreeDesign::UserVar
-- スキンファイル上のユーザ変数を管理する
- CFreeDesign::UserVarMangaer
-- ユーザが変更したユーザ変数を管理する。

学習画面起動時は、スキン読み込み前に UserVarManager によって
skin/user.ini のユーザ変数定義が読み込まれる。

その後、UserVarManager が渡され、CFreeDesign によってスキンが読み込まれる。
''変数展開''の際には UserVarList にその値が存在するかどうかを確かめ、
UserVarList 上にその変数値が存在すれば、スキンで定義されている変数値よりも
UserVarList で定義されている値を優先して展開される。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS