[[PSSdev/FreeDesign]]

#contents

書式定義文字列に埋め込んで使う変数

* 概要
* 概要 [#sae180f3]

組み込み変数は、str-item や text-item に含まれる''書式定義文字列''部分に、
%変数名% と書くことで学習画面に表示することが出来る変数です。

** 例
** 例 [#k0807269]
>不正解数:%nMistake% -> 不正解数:19

* 変数名と用途
** 数値
* 変数名と用途 [#p4558438]
** 数値 [#s493aa3a]
| ''変数名'' | ''解説'' |
|nMistakeReply nMistakeReply2|再回答の回数、再々回答の回数|
|nCorrectsAll nMistakesAll|全正解数、全不正解数|
|nCorrectsNow nMistakesNow|現在の回答状態(初回、再回答、再々回答)での正解数、不正解数|
|nQuestions|現在の回答状態での問題数|
|nReply|現在の問題の番号|
|nRemindQuestions|現在の回答状態での残り問題数 (nQuestions-nReply-1)|
|nInputSpeed|入力速度 (Chars/Min)|
|nPoint|ポイント(4桁で表示)|
|nAnswerWord1〜nAnswerWord5|正解1〜正解5の構成語数|

** 文字列
** 文字列 [#n965b9e7]
| ''変数名'' | ''解説'' | ''備考'' |
|strTitle|タイトル文字列||
|strBanner|バナーメッセージ(なんらかの処理を行った後に表示される文字列)||
|strAnswer|正解文字列(回答後にのみ有効:不正を防ぐためか?)||
|strResultComment|回答後に表示されるメッセージ||
| '''問題文字列''' |||
|strQuestion1_InputMode|入力モードでの問題文字列1|Ver.7で廃止|
|strQuestion2_InputMode|入力モードでの問題文字列2|Ver.7で廃止|
|strQuestion3_InputMode|入力モードでの問題文字列3|Ver.7で廃止|
|strQuestion4_InputMode|入力モードでの問題文字列4|Ver.7で廃止|
|strQuestion5_InputMode|入力モードでの問題文字列5|Ver.7で廃止|
|strQuestion1_SelectMode|4択モードでの問題文字列1|Ver.7で廃止|
|strQuestion2_SelectMode|4択モードでの問題文字列2|Ver.7で廃止|
|strQuestion3_SelectMode|4択モードでの問題文字列3|Ver.7で廃止|
|strQuestion4_SelectMode|4択モードでの問題文字列4|Ver.7で廃止|
|strQuestion5_SelectMode|4択モードでの問題文字列5|Ver.7で廃止|

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS