[[PSSdev/FreeDesign]]

#contents

Windows のコントロールとして配置されるアイテム

* コントロールアイテム
* コントロールアイテム [#m3f248e6]

() 内はアイテム名(アイテム定義の1項)

** ボタン (button)
** ボタン (button) [#ab8e8a30]

''解説''

機能を呼び出せるボタン。機能はプログラムで割り当てたもの(定義不可)

''パラメータ''

- RECT、ボタンの種類(機能)、表示文字列、ボタン状態(Normal, Hide, Disable)

''例''
 item02 = "button, (20,20,70,40), ok, 'ahi', Normal"

''注意''

現実装では、ボタン状態は機能しない。また、状態定義も無視される。

''機能''
| ''id'' | ''機能'' | ''フォント番号'' |
| ok | OKボタン ||
| cancel | キャンセルボタン ||
| Hint | ヒントを表示するボタン ||
| LastQuestionModify | 前回の問題を… ||
| Select4-1 | 4択の項目1 ||
| Select4-2 | 4択の項目2 ||
| Select4-3 | 4択の項目3 ||
| Select4-4 | 4択の項目4 ||
| Select4-GiveUp | 4択の項目「GiveUp」||
| Func01〜Func12 | ファンクションキー01 〜 12 | 7 |
| Q-Card | Qカードボタン ||
| A-Card | Aカードボタン ||
| Card-OK | カードのOKボタン ||
| Card-NG | カードのNGボタン ||


** エディット (edit)
** エディット (edit) [#uec1f275]

''解説''

アプリケーション定義のエディットコントロール。
機能はプログラムで割り当てたもの(定義不可)

''パラメータ''

- RECT, エディットの種類(機能)[, フォント番号, 文字色, 背景色]

''例''
 item = "edit, (20,20,70,40), Reply"
 item = "edit, (20,20,70,40), Reply, 3, ffffff, 000000"

''注意''

フォント番号、文字色、背景色は v6.0 以降でのみ有効

状態定義は v6.0 以降でのみ有効

''機能''

| ''id'' | ''機能'' | デフォルトのフォント番号 | デフォルトの文字色 |
| AnswerIndicator | 不正解後に表示される正解表示領域 | 5 | 00ffff |
| MistakeIndicator | 不正解後に表示される「間違った回答」の表示領域 | 5 | ff5050 |
| Question | 問題文の表示領域 | 5 | 000088 |
| Reply | 回答領域(入力モード時)| 5 | 000000 |
| Hint | ヒント表示領域 | 6(なければ 5 ) | Windowsデフォルト |
| Select4-1 | 4択の1問目の表示領域 | 5 | Windowsデフォルト |
| Select4-2 | 4択の2問目の表示領域 | 5 | Windowsデフォルト |
| Select4-3 | 4択の3問目の表示領域 | 5 | Windowsデフォルト |
| Select4-4 | 4択の4問目の表示領域 | 5 | Windowsデフォルト |
| Pronounce | (問題に発音記号が設定されている場合の)発音記号の表示領域 | 5 | Windowsデフォルト |

** プログレスバー (bar)
** プログレスバー (bar) [#g8d7b884]

''解説''

変数の値に応じて伸張するプログレスバー

''パラメータ''
- RECT、MIN、MAX、PPOS(プログレスバーポジション:バーの長さ)
-- MIN、MAX、PPOSは変数で定義できる。

'''但し、初期実装ではRECTとバーの種類だけ指定することとする'''

''例''
 ;TransNumber,		// 回答の進行状況
 ;StartLimit,		// 回答開始カウントダウン
 item03 = "bar, (10,100,110,120), TransNumber"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS