PSSdev

ファイルの名称と役割

  • 2004-01-11 (日) 09:38:40
  • 2004-04-01 (木) 03:25:23

PSS Ver.7.x

2004-04-01 現在の情報.未リリースのため,今後変更される可能性も高い.

ファイル名解説
Pss7.exePSS 本体
PssEditor7.exe問題集エディター本体
PssLegacyLib?.dllUNICODE プルグラムからは呼び出すことができない関数をラッピングするDLL
名前と実体が一致していない.元々想定していた役割は旧バージョンとの緩衝材だが,現在は PssLib?.dll がその役割を担っている.
PssLib?.dllPSS シリーズで共通に使われる関数をまとめたDLL
旧DB&履歴の移行処理は PSS 本体に含めたくないため,この DLL に入っている
pat.exePssAgent? 本体
patmode.txtPssAgent? で用いられる音声再生用言語定義ファイル
OldFileUpdater?.exe旧DB&履歴の移行処理を行うプログラム
実際には PssLib?.dll を呼び出しているだけ
eula.txt使用許諾契約書
Readme.txt「最初にお読みください」文書
old_history.txtReadme.txt に入りきらなかった古い更新履歴
Pss.chm説明書
splash.bmpスプラッシュスクリーン用ビットマップ画像
unicows.dllWin9x/me 用 UNICODE ライブラリ(by Microsoft)
data/データフォルダ
data/wavvoice/音声再生用 WAV ファイルを置くフォルダ
data/Correct.wav, data/Incorrect.wav正解・不正解時に再生される効果音ファイル
data/database.pssdb7問題集や履歴を納めたデータベース
data/ipamap.txtCMU コードを IPA 文字に変換するためのテーブル
発音記号(IPA 文字列)が UNICODE テキストとして格納されている
data/ppdimage.bmp発音記号用フォントがない場合の代替用発音記号画像
data/pronounce.ppdidx発音記号辞書ファイル(1)
data/pronounce.ppddic発音記号辞書ファイル(2)
(1) と (2) で発音記号辞書を実現している.
(1) 上にはインデックスがあり,プログラム開始時に読み込まれる.
(2) は必要に応じて適宜プログラムから読み出される.
data/sample.csvCSV ファイルのサンプル
webdic.iniWEB 辞書の定義ファイル
WEB 辞書の名称と URL などが格納されている
skin7/スキンフォルダ
スキンの仕様は Ver.7.0 で XML 形式になるかもしれない.

PSS Ver.6.x

ファイル名解説
Pss.exePSS メインプログラム
PssEditor.exePss Editor(PSS 問題データベースエディタ)
PssLegacyLib?.dll以前のバージョンとの同期処理を担当するライブラリ
PssLib?.dll各種の PSS シリーズ共通処理を行うライブラリ
data/PSS で利用するデータを格納するフォルダ
data/database.pssdb5PSS 問題データベース(オリジナル)
PSS, PssEditor, PssPrint?, PssBanner? が利用する
data/Correct.wav, Incorrect.wav音声ファイル
正解・不正解時に鳴る音
data/Backup.pssPssEditor が生成/変更するファイル
セクションの削除時に、削除したセクションを保存する
すでにBackup.pss内に同一名称のセクションがあった場合には、セクションを上書きする
data/translog.psslog5履歴を記録したファイル
data/pronounce.pssppd発音記号辞書ファイル
data/sample.csvPSS でインポート可能な CSV 形式ファイルのサンプル
data/webdic.iniWeb辞書検索機能の検索サイト定義ファイル
data/ppdimage.bmp発音記号の画像ファイル
skin/スキンを格納するディレクトリ
各種スキンで使われているファイルが存在する
スキンについては FreeDesign? 参照

Ver.4.x 以前で使われていたファイル

ファイル名解説
data/Complete.pssPss が生成/参照/変更するファイル
コンプリート回答時に使用する
data/DBv3.pss.bakバックアップファイル
data/DBv3.pss.oldPssEditor が生成するファイル
(1)フォルダの削除時に生成する。
フォルダ生成前のオリジナル問題データベース(デフォルトでは DBv3.pss)
data/translog.txt履歴の記録ファイル
skin/default.txtデフォルトのスキンファイル
TransDlg? における画面デザインを定義する
skin/big.txt大きいスキンファイル
このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-06 (水) 01:38:50 (5360d)