PSS

P-Study System の便利な使い方

PssEditor 関連

CSV ファイルのインポート

PSS/CSVファイルの仕様 をご覧ください。

回答関連

強制終了

入力モードの場合は、強制終了(履歴を記録せずに終了)が可能です。

  • 入力領域に exit と入力して Enter。
  • メイン画面に戻る。

(2002-10-20)

音声再生関連

音声を切り替える(クオリティを上げる)

Pss で発音する音声を切り替えることができます。たぶん、何も設定しない状態ではSamでしょう。

どうやら XP 標準の音声エンジンは音質が悪いらしいです。SpeechPackageを導入しましょう!

  • コントロールパネルの「音声認識」を開く。
  • 「音声合成」タブを開く。
  • 「音声の選択」で音声を切り替える。

XP で SpeechPackage を導入していない場合は、別の音声を使えません。

本解説は WindowsXP の場合を想定しています。

(2002-10-20) (2002-11-21)

ランキング関連

学習のたびに情報更新するのがめんどくさい

ランキングタブの「回答後に自動更新」にチェックを入れてください。 学習後に自動的に情報更新を行います。

(2002-10-20)

全般

Word でスペルチェック

Word のスペルチェッカは非常に優秀で、これを使って編集・校正できればいいですね。 (作者としては、PssEditor でがんばって実装しても機能的に不満が出ると思っています)

そこで、Word でスペルチェックをしてみましょう。

  • まず、スペルチェックしたい問題集を PssEditor でエクスポートします。
  • エクスポートしたファイルを Word から開きます。
    • ファイル|開く のダイアログで、「全てのファイルを表示」にすることで開けます。
    • 注:エクスポートしたファイルは単純なテキスト形式です。
  • Word でスペルチェックをして、校正します。
  • 編集したファイルを保存して、そのファイルを PssEditor でインポートします。
    • それまでの履歴を有効にするために、以前と同じフォルダに同じ名前でインポートしましょう(移動してください)

(2002-12-20)

問題毎履歴でスペルチェック

v5.0.1 から、簡易スペルチェッカが付きました。

(単純に『発音記号データベース』に含まれるかどうかをチェックしているだけですが…)

  • P-Study System を起動します。
  • 履歴学習タブを表示します。
  • Shift-F9 を押します。
  • 確認画面が出るので、「はい」を押します。(単語リストの右側のスクロールバーが動きます)
  • スペルミスと思われる単語で停止します。
    • その単語をダブルクリックして、編集しましょう。
    • 本当にスペルミスかどうかは、Web辞書で簡単に調べることができます。

(その単語上で右クリックして、Web 辞書検索を行ってください)

(2003-04-09)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-06 (水) 01:37:05 (4405d)