PSS

PSS を使った暗記法

よりよい使い方は? (2002-10-01)

最近の Pss は以前よりも断然使いやすく、かつ高機能になりました。

全ての機能を使いこなすのは大変です(不可能だと思います…)。

そこで、おすすめの使い方を解説します。

最初は4択から

自分のレベル(または到達したいレベル)に応じた問題集を選びます。

で、いきなり和英入力モードで練習すると不正解ばかりでイライラしてしまうので、 最初は4択モード(英和4択・和英4択)でやってみましょう。

スペルも暗記すべし

一通り4択モードでの学習が終わったら、完全に覚えていなくてもいいので、 和英入力モードに挑戦しましょう。

和英入力モードでは、スペルまで完全に暗記することができるので、おすすめです。 (v4.0.0 以前の Pss は和英入力モードのみでした)

ランキングに参加しよう

v4.1.0 から、インターネットランキングに対応しました。

ランキングの学習効果-Pss?でも解説していますが、 ランキングを使うと自分が学習しているということをネット上で示すことができるので、 継続して学習する原動力になると考えています。

暗記というのはとにかく継続は力なりですので、 日々コツコツと勉強することを心がけましょう(^ー^)ノ

英単語暗記法 (2002-02-04)

作者(Halts)のPssを使った英単語暗記法を解説しましょう。

現在の使い方は、とりあえず英検2級に合格したけど復習をしたい、ということで、未だに英検2級の問題集を使ってます。

最近、ショートカットを使わなくなりました。同様のことが、Pss の画面からでもできるようになったからです。 つまり、「前回の続きから」学習できるようになったからです(普通に「覚える」ボタンで学習すればOKです)。もちろん問題集は、変わらずに「英検2級 -> 標準単語」ですが(¨;)

ショートカットの利点は3つあって、

  • わざわざ問題集を選ばなくていい。
  • 自動で一巡してくれる。
  • しかも次の問題を選ぶ前に、何回か同じ問題群が出題されるので、カンペキに覚えられる!

ということでした。でも、Pss 本体がとてつもなく高機能化してきていまして、「前回間違った問題を学習」したり、「正解率が低い問題を学習」したりできますので、『一通り全部やって、難しい単語だけ入念に学習する』という、なかなかよさげな学習ができるようになっています。

なので、ショートカットにこだわる必要も最近はなくなりつつありますね。あ、でも、Windows のスタートアップに登録しておいて、『OS起動時に学習!』ができることも売りといえば売りですが…。

そんなわけで、どんどん学習してくださいませv(=∩_∩=)

今までの使用経験

ボク(作者:Halts)はこのソフトのおかげで英検2級に合格した。 いや本当に。中学の頃からこのソフトを使ってるおかげで、英単語の暗記の仕方が自分の中で確立した。別にその暗記の仕方というのはPssを使うことではなく、Pssを使いながら覚え方を見つけた、というのが正しいと思う。

その自分の覚え方というのは、う〜ん、うまく言えない。例えば、単語を思い浮かべたときに、先に(発音)が聞こえて、その後、その音に対応してスペルが浮かんでくる。「その音に対応した」ではないことに注意。それなりの数の単語を覚えれば、音からスペルがわかるんだよね。よく本に書いてある話だけど。

中学〜高校のあたりはとにかく基礎単語を知らないと、文法どころではないので、Pssを使うのが適切だと思う。

で、最近の自分の単語暗記法は長文の中でいつの間にか覚える方法。「速読英単語」をよく読んでいる。だから、実はあまりPssを使っていない。でも時間があれば使いたいと思っている。とにかくPssを使う時間と、問題を入力する時間が足りないのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-06 (水) 01:37:34 (4465d)